Home > 会社の歴史

会社の歴史

    • 1994
      1994
      3月に普聯が正式に設立され、「自動混合スクラップ機」が有名になり、市場開拓に成功しました。当時の工場建物面積は100㎡で、社員は4名でした。
    • 1995
      1995
      Aシリーズ粉砕機、撹拌機、粉取り機……などのモデルを発売しました。
    • 1996
      1996
      専門的な開発能力が認められ、5つの新型特許を保有すると共に、業務上の必要によって新工場へ拡大移転しました。工場建物面積は500㎡で社員は8名でした。
    • 1997
      1997
      Sシリーズ粉砕機、コンベヤー、油圧裁断機、低速静音シリーズ…等のモデルを発売しました。
    • 1998
      1998
      粉砕機が、ドイツのラインラント・TÜV CEの認証を受けました。環境保護製品の開発に成功しました。生ごみを有機肥料へ転換する設備を発売しました。
    • 1999
      1999
      工場建物面積2500㎡の新型工場へ移転しました。社員は18名で、20項目以上の特許を保有していました。
    • 2000
      2000
      コンピュータカッティングテーブル、せん断機、自社製作板金、JWシリーズ粉砕機、PETボトル回収、PP.PEボトル回収、PPフィルム回収…などのシステムを発売しました。
    • 2001
      2001
      Solid Edge 3D設計システムを導入しました。バキューム・オートローダー、カラーマスターバッチ定量供給機…等のモデルを発売しました。
    • 2002
      2002
      中央材料供給システム、光ディスク回収システム…などのシステムを発売しました。
    • 2003
      2003
      カナダHamilton Avter Inc.より技術供与とCSA認証を受けました。
    • 2004
      2004
      業務拡充のため、第2工場となる「聯鐽科技公司」を設立しました。面積は900㎡で、第1工場と第2工場の合計面積は3400㎡、社員26名、40件以上の特許を保有していました。
    • 2005
      2005
      初めてコンサルティング会社より新制度の管理体制導入の指導を受けました。ツインシャフトシュレッダー、集塵ベンチ…などを発売しました。
    • 2006
      2006
      部品にロストワックス鋳造法を導入し、部品の品質と質感を全面的に向上させました。シングルシャフトシュレッダー、金型温度調節器…等を発売しました。
    • 2007
      2007
      押出機端材回収AR、ARP、ARCシリーズを発売しました。普聯の全商品ラインナップがドイツ・ラインラントTÜV CEの認証を受けました。制度管理を着実に運営するため、コンサルティング会社の指導を5年間継続して受けていました。
    • 2008
      2008
      業務拡張・増加し、第1工場の面積を1600㎡拡充し、第1、第2工場の面積は5000㎡、社員数35名、48点以上の特許を保有し、機械IDと履歴書制度の全面的な普及を推進しました。
    • 2009
      2009
      全社に渡る変革を行い、新たなブランドイメージと新たなPulian Logo、統一広告イメージを確立し、工場建物の外観などを再設計しました。ERPシステムの実施を推進しました。
    • 2010
      2010
      管理ビルと開発センターを設立し、模倣者と権利侵害者に対し全面的に対抗しました。中国東莞組立工場を設立しました。工場建物面積は1500㎡、社員18名でした。
    • 2011
      2011
      第2工場の面積を1100㎡拡充し、第1、第2工場の合計は6600㎡となり、社員数54名、58件以上の特許を保有しています。PCB回収機、銅線分離機、PET再結晶機…等のモデルを発売しました。中国各省の販売代理店とサービス拠点を拡充しました。
    • 2012
      2012
      環境保護回収産業システムや家電廃棄物分類回収、粘着性を持つ自動車用廃棄ケーブルの回収、PVB粘着性プラスチックフィルム回収システムなどを強化します…等。
      産業廃棄物回収システムや断熱フィルム粉砕システム、防音発泡剤粉砕回収システム、太陽エネルギーEVAフィルム回収システム…などを強化します…等。
    • 2013
      2013
      極密資料破壊処分システム発売、粉砕機極低騒音仕様開発、科学技術アップの静音Tシリーズ発売します。
      技術輸出、世界各国に現地で組立、製造、販売、アフターサービスを行います。
      レーザーカット設備を納入、機械製造用板材のカット作業が全部社内で行い、機械全体社内製造になります。
    • 2014
      2014
      プラスチック材料のオプション、色分けシステムの発売;検视机能のスマートテクノロジーTシリーズが発売。
    • 2015
      2015
      日本の大阪市普聯株式会社は、日本规格を制造指标として采用し、台湾技術と製造技術とともに日本の有名会社の称賛を得ました。
    • 2016
      2016
      新しいエレクトロニクス時代の新たな要求は、2016年の自動ストレージシステムの開発を完了させ、現在は1000個の自動モールドアクセスを備えた完全なシステムを設計および製造する技術が実現しました。 私たちはドア、オフィス、調達/倉庫を改善し、全体の外観を改善しました。
    • 2017
      2017
      農業科学技術の発達により、プリアンは国際的に有名な企業と協力して、迅速な熟成有機肥料システムの完全なるセットを開発しました。 PULIAN第3工場と溶接第一工場に12名の溶接技術者を設立しました。
    • 2018
      2018-1
      世界のマーケティングシステムを統合し、PULIANブランドの国際化を促進し、あらゆる分野でのウインウイン協力を目指します。

Sitemap Plastic Granulator Shredder Equipment Single Twin Shaft Shredder Equipment
Plastic Edge Recycling System